長く付き合うためにやめた方が良い『追いかける恋愛』の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張って出会いを作って、
やっと恋人になれたとしても関係が続かず、
すぐに分かれる事になってしまうそんな恋愛を繰り返していませんか?

それは『追いかける恋愛』を好んでしている可能性があります。
相手に気を使い本来の自分らしさを出すことが出来ずに相手が去っていってしまう。

『追いかける恋愛』を好むことは悪いことではないのですが、
女性にとってつらい恋愛になる事が多いです。

30代からの恋愛は当然、先に結婚を考える事になると思います。
このタイミングで恋愛において大きなトラウマになるような傷を抱えてしまうと、
婚期がずっと先延ばしになってしまいます。

ではなぜ、『追いかける恋愛』はつらい恋愛になり、短い期間で終わってしまう可能性が高いのでしょうか?

大切にしてもらいにくい

男性は追う恋愛を好む傾向があります。
なので女性の方から追いかけている恋愛の場合は、その女性に対して興味を持ちにくくなります。

そのため彼からお誘いが少なくなったり、まめに連絡をしてもらえなくなります。
またデートの約束をしていてもすっぽかされたり、あとから入った予定を優先されてしまったり。。。

結果、どうしても寂しい思いをすることになります。
どうすればよいのか?
間違ってもしつこく連絡をしていくことは避けてください。
急に彼に興味を持ってもらうことは難しいです。
解決策はコツコツと連絡を重ねていくしかないです。

疲れてしまう

追いかける恋愛というのは、
こちらから誘っても断られる、連絡が来るのを待ち続ける、
そういった中で相手の言動に一喜一憂して疲れてしまうことがあります。

こちらから一生懸命にアプローチしたり、相手の為を思って行動し過ぎてしまい、
今度はこうして欲しいとか、これだけしてあげたのに、など見返りを求めるようになってしまいます。

見返りがないと自分の存在意義や居場所を見失ってしまい、
無力感を感じて疲れ果て、自分に自信を無くしていってしまう。
といった負のループから抜け出せなくなってしまうかも。。。

浮気されやすくなってしまう
女性が追いかける恋愛は男性が、
「この子は何をしても大丈夫」
と変な自信と安心感を持ってしまうので、浮気をされやすくなります。
安心しきっている状態だと、何かをしてあげないと離れて行ってしまうかも、
のような危機感がないために、自分のやりたいようにされてしまう事も。。。

上下関係が出来てしまうために、最初のうちは一緒に入れるだけで幸せだと思っていても、
いつの日からか、いつも自分を抑えて我慢している自分に気付くことになるでしょう。

相手を追い込む

相手を好きと思う気持ちはとても大切な事なのですが、
それが過ぎてしまうと、相手を追い込んでしまう事もあります。

どんな器の広い男性でも、付き合っていたとしてもそこまで盛り上がっていない状態の時に
毎日のように好き好きアピールをされては、だんだん気持ち重たくなって逃げだしたくなってしまいます。

そんな相手の気持ちを無視して自分の気持ちだけを相手に押し付けてしまうと
大切な彼にうっとうしがられてしまっても仕方がないです。
そういった状態が続くと、次第に彼の気持ちも離れていってしまいます。

まとめ

如何ですか?
追いかける恋愛を好むことの危険性感じていただけましたでしょうか。
恋愛で男性を安心しきらせてしまうのは非常に危険です。
安心を求めるのは本来女性のはずです。
つらい恋愛はやめて本当の意味で愛されて幸せな恋愛が長く続くように、
もし追いかける恋愛を好む傾向があるようでしたら、
これを機会に卒業してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東川 展之

東川 展之

投稿者プロフィール

1979年生まれ 福井県福井市出身
関西ブライダル江坂店エテルナの上級カウンセラー

関西大阪の結婚相談所、関西ブライダル江坂店エテルナのカウンセラーとして経験を積み、年間1,000件以上のカウンセリングを行う。

結婚相談所でのカウンセリングのなか、従来のティーチングを基礎としたカウンセリングに疑問を抱き、その人の魅力を引き出す為の『婚活・恋愛コーチング』を実践。

その結果、成婚率を2倍にすることに成功!

 

東川展之Ameba (アメーバ)ブログ
http://ameblo.jp/n-h-jiyuujin/
無料メール相談フォーム
https://goo.gl/forms/DFxgo6Wrnjg6b03V2

この著者の最新の記事

関連記事

2018年10月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る